【前編】Yahoo!ショッピングで一番費用対効果が良い広告「ストアマッチ」とは

家電製品や日用品、食料品などが多くのポイント付きで買えるYahoo!ショッピング。

Yahoo!から発表された決算資料によれば、2022年は数百億円をかけてコマース領域に注力していくとのこと。


今回はそのようなYahoo!ショッピングで、TOPクラスに費用対効果が良いストアマッチ広告を今回は解説します。

 

■この記事のポイント

・Yahoo!ショッピングは検索からの流入が多い

・ストアマッチ広告を利用すれば、検索画面上部に自社商品の掲載が可能

・広告表示と広告配信のロジックは覚えておくべき!

 

■目次

★Yahoo!ショッピングとは

 ▶Yahoo!ショッピングの現状

 ▶Yahoo!ショッピングのユーザー特性

 ▶楽天との違い


★ストアマッチ広告とは

 ▶ストアマッチ広告の特徴

 ▶ストアマッチ広告の表示場所

 ▶ストアマッチ広告表示ロジックについて

 ▶ストアマッチ広告配信ロジックについて


★まとめ

 

★Yahoo!ショッピングとは

Yahoo!ショッピングは、月間5000万人(2020年12月時点)が来訪するECモールです。


また初期費用や月額固定費、出店料(ロイヤリティ)がかからないので、

多くのストアが出店、商品数も3.0億を超える日本最大級の規模となりました。


▶Yahoo!ショッピングの現状

そのようなYahoo!ショッピングを含む、Zホールディングスショッピング事業の2021年取扱高は、

1.69兆億円となっており前年比で13.0%の伸びとなりました。


ちなみに楽天は前年比10%の伸びとなっており、おおよそどちらも前年比10%の伸びということがわかります。


※物販系取扱高の実績(画像は決算説明会資料を編集部がキャプチャ)


▶Yahoo!ショッピングのユーザー特性

検索を制する者はYahoo!ショッピングを制する、と言われるほどYahoo!ショッピングでは検索対策が重要だ。

特に検索結果の1ページ目は重要で、1ページ目からの購入金額は全体の98.1%を占めると言われています。


またユーザー動向としては、5のつく日や日曜日は通常日と比べてユーザーが1.5倍多く来訪したり、

その2つが重なる日には通常日と比べて、2倍も多くユーザーが来訪します。


なお、近年の積極的なPayPay祭りなどのキャンペーンによって、

Yahoo!ショッピングの約9割のユーザーが1回以上購入したことがある既存ユーザーです。


▶楽天との違い

Yahoo!ショッピングと楽天との大きな違いは

固定費などの費用の違い、そしてキャンペーン時の最大ポイント倍率の違いがあります。


Yahoo!ショッピングは固定費などが無料である一方、キャンペーン時のポイント倍率は30.5倍と低めです。

一方の楽天は固定費などが有料である一方、スーパーセールの最大ポイントは42倍と非常に高いです。(2022年6月現在)


また前述したとおり、Yahoo!ショッピングの場合は検索からの流入が多いため、

いかに1ページ目の検索結果を取るということが重要です。


 

★ストアマッチ広告とは

ストアマッチ広告とは、Yahoo!ショッピングにおけるクリック課金型の検索連動広告です。

PCだと上位4枠/下位6枠、スマートフォンだと上位4枠/下位4枠、アプリだと上位2枠/中位2枠に広告が表示されます。


なお今回ご紹介するアイテムマッチは、ストアマッチ広告内の広告メニューです。

以前はストアマッチ広告の中に、「ストアのイチオシ」という広告がありましたが、

2,3年ほど前にサービスクローズとなっております。


▶ストアマッチ広告の特徴

ストアマッチ広告の特徴として、以下の3点があげられます。


 (1)最低入札価格が10円もしくは15円であること(下図参照)

 (2)すべての出店者が利用できる

 (3)売上が小さくても、検索結果の上位に自社商品を露出することが出来る



▶ストアマッチ広告の表示場所

ストアマッチ広告は前述したとおり、PCだと上位4枠/下位6枠に広告が表示されます。


Yahoo!ショッピングに来訪したユーザーが一番最初に見るのがストアマッチ広告となるので、

非常に集客力のある広告となっております。


また楽天と比較しても広告の枠数が多いため、

出店者側からするとユーザーによりアピールすることが出来ます。


なおPC版の場合、上位と下位の広告枠の間に42枠通常の検索結果が並びます。


▶ストアマッチ広告表示ロジックについて

ストアマッチ広告を検索画面へ表示する際に、以下の計算がYahoo!ショッピング側で算出されます。


表示順位=商品スコア×入札単価


商品スコアはYahoo!ショッピング側で非公開となっておりますが、

メディアであるということを考えると、よりクリックされやすい商品が商品スコアが高くなります。


つまり、より検索キーワードにマッチしている商品が商品スコアが高くなります。


なお、検索対象となるのは以下の項目です。


 ■検索対象

  商品名

  商品コード

  キャッチコピー

  商品情報

  製品コード

  JAN/ISBNコード

  プロダクトカテゴリ

  ブランドコード

  スペック


▶ストアマッチ広告配信ロジックについて

ストアマッチの表示ロジックと、実際に配信されるかのロジックは異なります。


例えば、入札単価を競合が20円で入札しているところに、

30円で入札しても広告が配信され表示されるとは限りません。


なぜなのかというと、「予算」が広告配信時に関係しているからです。

先ほどの例の詳細を以下とします。


競合→入札価格:20円 予算:6万円

自社→入札価格:30円 予算:3万円


この場合、競合が1日に使える広告予算は、6万÷30日=2,000円です

一方、自社商品へ1日に使える広告予算は、3万÷30日=1,000円です。


つまり、競合Aが20円で入札している商品は1日に100クリック(2000円÷20円)される可能性がありますが、

自社の場合は1日に約33クリック(1,000÷30円)しかされない可能性があり、

「入札金額が高くても表示されない」という現象が起きます。


そのため広告の配信量を多くしたい場合(自社商品ページに多く誘導したい場合)、

入札単価を高くする必要もありますが、予算も多くする必要があります。


 

★まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はストアマッチ広告の概要ついてご紹介しました。


ストアマッチを使えば、どのようなストア様のどのような商品も1ページ目に商品を掲載することが出来ます。

是非1度お使いいただき、効果を実感いただけたらと思います。


ストアマッチ広告の運用や、Yahoo!ショッピング/PayPayモールの運用でお困りのことがあれば、

是非一度弊社にご相談ください。


Yahoo!ショッピングやPayPayモールの元担当者などが貴社売上向上のご提案を致します。


さて、次回はストアマッチ広告はどういった管理画面で、

どのような操作をすればよいのかについて記載したいと思います。


ここまでお読みいただき有難うございました。